収入源としてのFX

私は転職を機に収入が下がったというのがとても不満でした。そこで新たな収入源がないかと思って始めたのがFXだったんですね。

通常の預金以外で投資できる余剰資金が手に入ったために何で運用しようかといろいろ検討した挙句、FXを始めようということにしました。もともとはFXというとリスクが高くて短期の投機であまり使うべきではないという認識でした。

しかし、もともと運用しているインターネット証券の口座がそのまま使えること、インターネットで手続きが簡単にできることが魅力だったので躊躇汽笛な観点で始めてみることにしました。

幸い、ある程度の資産は貯蓄していたので、生活に困るということはありませんでした。
それまでも投資としては株に手を出したことはあったんですよ。
それでもあまり続きませんでした。

利益を生み出すことができなかったということと、いまいち自分に合わなかったというのがありましたね。

FXの良い点は、24時間いつでもできるという点でしたね。
株とFXはよく比較されますが、結構違う点が多いと思います。

対象はドルにして、基本的には売り買いはしないで長期運用が前提です。
FXをもっと勉強してから口座を開いてもOKかなと思いましたが基本的なプランであれば、勉強しようとしまいとかわりません。

実は、FXをはじめる前にFXの勝つコツを伝授する教本を一冊購入して、読んでみました。

読んだというよりは、実際には読めなかったです。
百数十ページあるから、中身をすべて読むのは無理でした。

一般的な取引のコツについてはよくわかりましたが、上下にラインを引いての分析手法は複雑そうだなぁと当時は思っていました。

それで、ぱらぱらと太字で書いてあるところを中心に読んでいくことにしました。一読したのち、取引をしたらどうなったかですが、負けました。

ぜんぜん役立っていなかった、というのは後の祭りです。

よくよくリスクに配慮して取引すれば、勝てるかもしれませんが、取引の中で気持ちをコントロールするのは難しいです。

ルールどおりにといっても、何がルールなのかはわからないし、ルールから判断したら逆に行っているケースがあります。

ということで、この教本は、欲しがっている人がいたから、他の本とセットにして譲り、とりあえず用語だけ頭に入れ実際の取引はやりながら覚えていくことにしました。

今、この取引を始めてから半年がたちます。上限を決めて投資しています。
毎晩仕事から帰ってきたら、その日の状況をチェックするのですが株式投資と異なり、一日一度チェックするだけなのであまり負荷もかからず、ちょうどよい投資になっています。

FX取引は、おおきな可能性を秘めています。その証拠に、学生や専業主婦といった方も参入をしてきています。そして中には大成功を収めている方もいます。少額の取引で大きな利益を上げられるようなシステムにもなっていますので、学生や専業主婦といったような取引に使えるお金が限られている方にも、対応をしてくれているというわけです。

自分にあった投資方法を身につけるのがいいのかなって感じていますね。
今年はもう100万円ほどの利益が出ています。

これくらい副収入があると生活が豊かになって嬉しい限りです。

今後もFXに関しては研究を続けて、やっていきたいですね。
FXは経済や世界情勢を知るための良い勉強道具でもありますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です